WEBコマーシャル

クロスロックFLシリーズの耐震試験

■試験概要
【試験体】
吊り高さ1500mmでつり下げられた室内機(重量100kg)の吊りボルトにクロスロック FL-T と交点取付金具FL-D を用いて振れ止め補強。
【試験方法】
 仙台波(2011年3月11日 東日本大震災)を再現できる加振装置で試験体を加振し状況を確認。
【結果】
FL-T、FL-Dおよび振れ抑制ボルトの脱落なし

スリムダクトSD 燃焼比較試験/難燃性比較試験

■スリムダクト自社垂直燃焼試験
【試験体】
サイズ:SD-77およびSD-77相当、色:アイボリー、長さ:2m
【材質】
スリムダクト:PVC、他社ダクト:ASA+ABS樹脂
【試験方法】
ダクトの端部をバーナーで20秒間着炎し、その後放置。
【結果】
スリムダクト(SD-77)は、即自己消火。他社可燃ダクトは燃え続け、炎とともに溶融滴下し、約5分で全焼。

クロスロック FL シリーズの耐震試験

■試験概要
【試験体】
吊り高さ1500mmでつり下げられた室内機(重量50kg)の吊りボルトにクロスロック FL-Z と室内機揺れ軽減部材FL-YK を用いて振れ止め補強。
【試験方法】
小千谷波(2004年10月23日 新潟県中越地震)を再現できる加振装置で試験体を加振し状況を確認。
【結果】
FL-Z、FL-YK および振れ抑制ボルトの脱落なし

室内機揺れ軽減部材 FL-XG/WG/YK 耐震性能試験

■試験概要
【試験体】
吊り高さ1500mmでつり下げられた室内機(重量40kg)の吊りボルトにクロスロック(高性能タイプ)FL-XG、FL-WGと室内機揺れ軽減部材 FL-YK を用いて振れ止め補強。
【試験方法】
仙台波(2011年03月11日 東日本大震災)を再現できる加振装置で試験体を加振し状況を確認。
【結果】
FL-XG、FL-WG、FL-YK および振れ抑制ボルトの脱落なし

ブックマーク

キーワード・型番から探す

カタログから探す

選択してください

カテゴリから探す